バイナリーオプションを徹底的に研究

一言で説明すると、バイナリーオプションとは、「その取引条件が満たされたか、満たされていないか」をどちらか二択で選択する取引の事です。

具体的には特定の金融商品を設定し、指定時間にその金額が設定値より、「高いか、安いか」、つまり「HIGHか、LOWか」で取引を行う訳です。

もっとも私たち日本人が具体的にイメージをしやすい金融商品を例にあげると、例えば「円とドルで、指定時間後に為替が円高になるか、円安になるかを予想する」。

これがバイナリーオプションの一例です。


語源的にバイナリーオプションのバイナリとは「0か、1か」を示す二進数の事ですから、まさに本質をついたネーミングだと言えます。

この様に取引形態が二者択一の為に、口の悪いユーザーからは「丁半ばくちの性格をもった取引」という様な評価を下される事がありますが、その本質には大きなメリットが隠されています。

まず、ネーミングの由来となっている、そのシンプルなルールです。

他のFX取引にしろ、その他の金融商品にしろ、バイナリーオプションほどシンプルなルールの取引は、存在しません。

この為、初心者がちょっと試してみようとチャレンジしてみるには、まさにうってつけの取引になっているのです。

また中、上級者にとっても、チャート動向の予測要素などがあり、奥深い要素も併せ持っています。

また初心者にとってありがたいのが、他の取引に比較すると、危険性が少ない事です。

よくネット上などの匿名掲示板などで、FX取引で大もうけをした体験談が話題になりますが、現実はそれほど甘いものではありません。

その様な成功談は、氷山のごく限られた一角という事は、少し考えれば理解できる事でしょう。



初心者の場合、逆に警戒しなければならないのは、相場の暴騰暴落で想定外の大ダメージを受ける様な損失リスクへの警戒です。

バイナリーオプションの場合は、二者択一のシステムで取引前に、利益と損失幅が決定されている為に、バイナリーオプション ランキングをFX取引などとしてみると、リスクが限定されます。

最後に、利用ユーザーの感情に左右されないというメリットも存在します。

過去に株取引やFX取引などで、「もう少し待てば反発するかも」と、損切りのタイミングを逸した事はないでしょうか。

特に初心者の場合は感情に左右されやすく、ズルズルと傷口を広げてしまう事にも繋がりかねません。

バイナリーオプションは大手の24オプションまたは15年ころからのハイローオーストラリアもそうですが、そもそもが、時間が来れば、設定条件が満たされているか、否かという取引ですから、そもそも損切りのタイミングの発生しようがありません。

負ければ「また今度があるさ」と、考えれば良いのです。