バイナリーオプションとFXの相違点

バイナリーオプションとFXの投資取引はともに、外国為替市場の為替レートの動向によって利益を出そうとするものです。

例えば1ドル=100円のアメリカドル&日本円の為替レートが、1ドル=105円となった場合に利益(あるいは損失)となり、1ドル=95円となった場合に損失(あるいは利益)になると予想して、ポジションを自分で買う点は同じです。

ですが、FXとバイナリーオプションには多くの相違点があるのです。このあたりは比較中心で初心者でも分かりやすい構成ウェブページも参考にしてみてください。

・取引期間

FXは取引の開始から終了までに数分間という短時間取引や、数か月をかけて行う長期取引をする事ができます。しかしFXオプション取引のナビサイトのようなバイナリーオプションの取引では、開始から終了まで24時間以内の場合がほとんどですし、長くかかったとしても1週間程度の取引期間しか設定されていないので、取引に数か月もかけたくない、短期間で取引をしたいという方には、FXではなくバイナリーオプションをお勧めします。

・利益と損失

FXとバイナリーオプションは共に投資取引なのですが、レバレッジを利用して自分でリスクとリターンの調整をできるのがFXで、初めからペイアウト倍率が決められていて、取引前から掛け金による利益額が算出でき、損失が出ても掛け金だけが損失となるように決まっているのがバイナリーオプション必勝法なのです。

利益が低くても、損失も少なくてすむローリスク・ローリターンの投資をしたい人には、バイナリーオプションをお勧めします。

FXの投資取引の場合、自分で決めたレバレッジに比例して、予想が当たった場合は得る利益が大きくなりますし、予想が外れた場合は大きな損失を抱える事になります。

自己資金ではとても賄えない損失を出してしまう事もあるFXは、ハイリスクを避けたい投資家にとってあまりお勧めできません。それに対して、レバレッジという仕組みがないバイナリーオプションなら、損失を出したとしても、当初の掛け金が損失となるだけで、掛け金以上の損失が出ることはありません。

なるべくリスクは減らしたい投資家には、バイナリーオプションという投資取引なら、リスクを管理しやすいのではないでしょうか。

さらに、「売り」が無い事も特徴としてあげられます。バイナリーオプションは、チケットの購入して終わりです。長期間、チャートをチェックして売るタイミングを待たなくてもよいのです。例えば海外旅行を楽しんでいる最中に、「今売らなければ大きな損失が出てしまう!急いで売らなければいけない!」なんて心配をする必要はありません。

終了時間がわかっているので、バイナリーオプションは買ったら、あとは取引終了を待てばよいのです。

・景気の影響

FXなら、取引を開始した時の価格から変動した価格の幅により、利益額や損失額が決まってきます。つまり、景気によって大きく影響を受けるのです。

一方でバイナリーオプションなら変動幅に関係なく、取引する時の価格から上がるか下がるかを選ぶ事で、儲かるか損するかが決まってきます。バイナリーオプションの特徴は、景気に影響されない取引が可能な事なのです。